職人と美。

3月 27, 2012 § コメントする

先日数寄屋橋二郎の映画を見た。

捻くれた性格のせいか、

あまり期待はしていなかった。

日本の心、感性をどれだけ西洋の人が理解して、

それを映画としてとるのかが正直憂うつだった。

でも正直見てよかった。

予想より良くて、感動もした。

まわりの観客の反応はもちろんアメリカンだったけど、

それなりに楽しんでいたように感じた。

連れて行ったまじめなアメリカ人の日本語の生徒は

高校生なのに終わってからすごく面白かったと。

90分もジッと黙って座って何か、

パソコン、携帯以外に集中することが

ちょっと心配だったのに。

しかも内容に感心するなんて。

まだ今時の若者も捨てたもんじゃないなーと

オジさん臭い独り言。

しかし、話はもどるが、まず、美しい。

よけいな演出なしでそのもので勝負してる所が

またカッコイイ。

日頃アメリカで身につけた、

(と言いたいところだが、実際最近の日本でも充分ある)、

根拠のない自信。

そういう自分が情けなくなるこのような人の生活、生き方。

今のダラダラ書いている自分もどうなのかと。

お寿司。

とにかく美しい。

そこまでいったら、おいしいのは間違いないと思うけど、

その美しさ、一つ一つのこだわりは

その人その人で違いが出ると思う。

身近に似た感覚を持った人、

寿司職人ではないけど、

運良く結構いる。

そんな教育の環境の中で育って、

おかげで美しいものに深く感動する自分がいる。

あー、あまり有名にならないといいなーと

勝手に思って映画館を去った。

今晩もまたゆっくり見ようっと。

広告

taipei international cycle show 2012

3月 20, 2012 § コメントする

今年も行って参りました。

面白い物がいくつかありました。

中でもcane creekのヘッドが一番でしたね。

あの見た目は絶品。

shula。

3月 16, 2012 § コメントする

この人は昔から自転車スタジオのサポーター。

写真家もそう。

これはshulaのmtb。

この人みたいにカッコ良く自転車を乗りたい。

この間、街なかで前をすらーりと

通って行った。

やっぱり、いつでもカッコいい。

二十歳ぐらいの歳の差があるのに、

完全に負けている。

後ろ姿に見とれる。

がんばれとはこういうことか。

old shula photo.

i’ve always wanted to ride like her.

from an age when i idolized jeannie longo.

she was the other one i looked up to.

she is a fierce and graceful rider.

with an inviting chuckle

and so much style.

one of the pillars of jitensha studio.

i saw her the other day riding through a busy downtown intersection.

she looked as cool as the image

i have etched in my mind.

dont let the petite size and ease fool you.

photos by robert schenker

二人でぶらり。

3月 13, 2012 § コメントする

photos by: robert schenker

(1984/1985)

途中下車。

二人でどんな景色を見るんだろう。

前の人の背中。

仲が悪くないといいけど。。。

こんな自転車もあった。

two old projects.

i wonder about two people bound by a bicycle.

what do they see?

里帰り。

3月 8, 2012 § 1件のコメント

今週末300kmのブレベがあるそう。

その前に自転車の整備。

青い方は南カルフォルニアからで

白い方は隣の町からだ。

今週末がんばって欲しい気持ちで

送り出す。

both are back for a quick check

before a 300km ride this saturday.

the blue one from southern california,

the white one from the bay area.

always happy with visits.

sending them off with great hopes for a wonderful ride.

たぬきもいたとさ。

3月 7, 2012 § 1件のコメント

むかしむかし。

こんなカードも作られていた。

a holiday card from the shop.

way back when.

ベストオブショー。

3月 4, 2012 § コメントする

個人的に一番気に入った展示。

彼らは昔パロアルトでセンスの良い

高級専門店を経営してた兄弟。

今は、ホイル関連の部品、

工具を開発してるよう。

一人は木工をしていて、

展示の台やディッシングツール(センターゲージ)を

今回のショーに出してあった。

自転車スタジオとしては、

デラサンタ、リチャードサックス、デヌーチ、

ブルースゴードン、マップが好み。

残念ながら今回は、ピーターウィーゲルが

出展していなかった。

今年は前に比べて、

バッグ類が増えていた。

これから次の世代もがんばって

腕をみがいて良いものを作る心が

育たつことに期待。

Where Am I?

双輪タイムズ3月, 2012 のアーカイブを表示中です。