職人と美。

3月 27, 2012 § コメントする

先日数寄屋橋二郎の映画を見た。

捻くれた性格のせいか、

あまり期待はしていなかった。

日本の心、感性をどれだけ西洋の人が理解して、

それを映画としてとるのかが正直憂うつだった。

でも正直見てよかった。

予想より良くて、感動もした。

まわりの観客の反応はもちろんアメリカンだったけど、

それなりに楽しんでいたように感じた。

連れて行ったまじめなアメリカ人の日本語の生徒は

高校生なのに終わってからすごく面白かったと。

90分もジッと黙って座って何か、

パソコン、携帯以外に集中することが

ちょっと心配だったのに。

しかも内容に感心するなんて。

まだ今時の若者も捨てたもんじゃないなーと

オジさん臭い独り言。

しかし、話はもどるが、まず、美しい。

よけいな演出なしでそのもので勝負してる所が

またカッコイイ。

日頃アメリカで身につけた、

(と言いたいところだが、実際最近の日本でも充分ある)、

根拠のない自信。

そういう自分が情けなくなるこのような人の生活、生き方。

今のダラダラ書いている自分もどうなのかと。

お寿司。

とにかく美しい。

そこまでいったら、おいしいのは間違いないと思うけど、

その美しさ、一つ一つのこだわりは

その人その人で違いが出ると思う。

身近に似た感覚を持った人、

寿司職人ではないけど、

運良く結構いる。

そんな教育の環境の中で育って、

おかげで美しいものに深く感動する自分がいる。

あー、あまり有名にならないといいなーと

勝手に思って映画館を去った。

今晩もまたゆっくり見ようっと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

双輪タイムズ で「職人と美。」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。